posレジシステムの種類や疑問|初心者でも分かるposレジシステムについてご紹介!

posレジシステムの種類や疑問

レジスター

posレジ

キャッシュレジスターと見た目が似ています。ボタンの数や、機能が増えているのが特徴です。商品別のバーコードを読み込み、スムーズに会計処理が出来ます。また、セール商品の価格変更や売れ筋商品の把握など、様々な機能がついているのも特徴です。商品の金額が予め設定されているので、誤入力を未然に防ぐことが出来るのもメリットに挙げられます。

タブレットレジ

タブレット端末などに、レジ機能のアプリなどを落として使用するものをタブレットレジと言います。こちらはインターネット接続されていることが条件ですが、ワイヤレスで持ち運びも簡単ですし、普段お使いのタブレットですから、扱いやすさも抜群です。スペースを取らないことが最大のメリットでもあります。また、テーブルで注文を受けて会計まで出来ます。

タブレットposレジ

タブレットレジに、pos機能を掲載させたレジのことを言います。posレジの商品管理や売上管理機能と、タブレットの持ち運びやすさを足したような感じですが、posレジには掲載されていない機能もたくさん揃えています。データ分析が出来たり、スタッフの勤怠管理、詳細な顧客管理や在庫管理など、利点がたくさんあります。

posレジシステムの疑問に回答していきます。

整骨院を開業したいのですが、そういったところでもposレジを導入するメリットってあるんですか?

はい、もちろんです。整骨院でしたら、顧客管理などが役立つでしょう。例えば、お客様の年齢や体質、過去の体調データ、カウンセリングシートを作成して、データとして管理出来るので、一人一人に合った施術が可能になります。また予約システムも掲載出来るので、待ち時間の削減にも繋がります。

タブレットposレジの導入を検討していますが、他に必要なものってありますか?周辺機器などあれば、教えてほしいです。

鍵付きの現金や硬貨を保管しておく引き出しのようなもので「キャッシュドロア」という金庫などは必要です。また、レシートをプリントする機会も用意しておきましょう。ロール紙も忘れずに。業種によっては、オーダーを受ける際に利用するハンディ端末や、カードリーダーなど、カード決済が出来る機器も揃えておきましょう。

新しくposレジをリースしたいのですが、これまで使っていたレジの処分ってどうすればいいですか?

大きなレジは普通にゴミに出しても持っていってくれません。一般的に、回収業者などに依頼をします。しかし、posレジなどを処分する場合は、データが残っている危険性があるので、専門業者に頼むのが賢明です。