導入した場合のメリット|初心者でも分かるposレジシステムについてご紹介!

導入した場合のメリット

店員

新商品開発・メニュー作り

posレジシステムでは、商品管理と売上管理が出来るので、どんな商品がどのくらい売れたか、また逆に売れなかった商品もすぐに把握出来ます。ここでの利点は、こういったことを瞬時に把握することで、次の商品開発にすぐに取り組むことが出来ます。データを元に売れる商品の販売動向を確認し、どの時間帯にどの商品をメインに置くのかも決めることが出来ます。また売上データを元に、どんなメニューの売上が良いのかを分析して、新しいメニュー作りの参考にすることが可能です。

食材ロスで売上もアップ

例えば飲食店を例に挙げると、売れ行きの良いメニューを把握出来れば、必要な食材がどのくらいいるのか、またそうでない食材の量を減らすことも出来ます。これによって原価率を抑えて、食材を無駄にすることが無くなりますよね。また、リアルタイムでの売上を見れるので、あとどのくらいで目標売上に達成出来るのかを常に把握出来ます。目標を共有することで、チームの結束力も高まるでしょう。状況把握出来れば経営者自身が余裕を持つことが出来るので、広い視野でスタッフの動きを見ることが出来、スタッフのケアにも繋がります。

レジ締めが楽

posレジシステムは、リアルタイムで売上を集計してくれているので、伝票整理もいらなく、お金を数えて確認をするだけですぐにレジ締めすることが出来ます。残業をせずにすぐにレジ締め出来るので、プライベートに充てる時間が増えたり、他のことに時間を活用出来ます。

ミス防止と原因の追究

posレジシステムの機能について説明したページにもあるように、商品の金額を予め設定出来るので、商品金額の打ちミスが無くなります。どの注文をしたのかだけ分かれば、商品ボタンだけで会計が可能です。忙しいランチタイムなどは、お会計でもたつくことがなく、お客様を待たせる時間も短縮でき、スムーズにほかの業務に戻ることが可能です。また、posレジシステムではオーダーミスの原因を探ることも出来ます。手書きのオーダー伝票は、忙しい時などにミスが起こりやすくなってしまいますが、注文もデータで管理するので、注文時のミスか厨房内のミスか、どこで起きたミスなのかをすぐに把握でき、今後の対策を立てやすくなります。

複数店舗の売上を同時に管理

posレジシステムはデータを一元化出来るので、複数店舗お持ちのオーナーが、各店舗の売上をリアルタイムで確認できます。これのメリットは、どこにいてもタブレットでデータを管理していれば、他店舗の売上伝票を待つことなく、全店舗の売上集計結果が把握できるので、時間を有効活用したり、他店の責任者の負担も減ります。